株式会社ユキリエ 2022年度採用情報

R.Wさん★社員インタビュー02

R.Wさん

2020年入社 [新卒]
人事採用グループ

北海道教育大学 教育学部
教員養成課程 卒業

ユキリエ入社を決めたきっかけを教えてください。

ユキリエが、女性活躍推進企業だからです。
私は大学で途上国における女性と子供の教育について勉強しました。
その中で、先進国であるにも関わらず、日本の女性を取り巻く現状も深刻で
あることを知り、出産や育児によるキャリア中断後の復帰が、海外の先進国に
比べて難しい傾向にある日本の企業文化に疑問を感じるようになりました。
政府の働き方改革により女性の就労は促進され、「共働きは当たり前」
「育児は夫婦で行うもの」という風潮は高まりつつありますが、
社会における男女の役割の固定概念は少なからず残っているように思います。
ユキリエでは、働き方改革に先駆けて女性が働きやすい環境作りを
推し進めており、多様で柔軟な働き方がすでに定着しています。
ユキリエのノウハウを社会に還元することで、働く女性が個性や能力を
発揮できる社会を実現したいと思い、入社を決めました。

ユキリエに入社されてからいかがですか?

ユキリエは、時代の変化に柔軟に対応した会社だと感じています。
雇用形態が「メンバーシップ型」から「ジョブ型」に移行する
世の中の動きを受け、今後は特定の分野に関する専門性の高い
人材の需要が高まると言われています。このような動向の中
ユキリエには「女性×事務職×専門性」という印象が強くあります。
また、年功序列などの古い企業体質はなく、新しいことに挑戦することが
できる社風なので、やる気がある人や成長したい人、スキルを磨きたい人には
ぴったりだと思います。

今後どんなことにチャレンジしてみたいですか?

まずは現在取り組んでいる業務を習得することです。
まだまだ経験不足なので、いち早く仕事を覚えて即戦力になりたいです。
業務の専門性を極めるほど、自らの存在意義も高められると思うので、
「自分だからできる仕事」を追求していきたいです。
また、女性活躍の推進にも取り組みたいです。海外と比較すると、
女性の就業率や女性管理職の割合は低い上、昨今のコロナショックにより
女性雇用が激減したことで、“女性が輝く社会”からは少し遠のいてしまって
いるのが現状です。
女性活躍を推進するユキリエにいるからこそ、長期的かつ広い視野をもって
この課題に取り組み、解決策を生み出していきたいです。
せっかく新しいことに挑戦できる環境なので、フロンティア精神を忘れずに
色々なことにチャレンジしていきたいですね。

タイトルとURLをコピーしました