M.Tさん★社員インタビュー

M.Tさん
2021年入社
営業本部 契約管理

実践女子大学 人間社会学部
人間社会学科 卒業

国籍・年齢・性別・職歴・学歴・バックグラウンドは様々。
入社3ケ月で学んだ、「仕事」へのマインド。

 
Yukirie
人事採用グループです。
入社されて3ヶ月が経ちますが、いかがですか?
M.Tさん
皆さん非常に自発的で積極的で、毎日が刺激的です。
 
Yukirie
詳しく聞かせてください。
M.Tさん
はい。例えば、ミーティングでは皆さん活発に意見交換をされていて、議論をコントロールしたり、自分の意見をしっかり表現することの重要性を感じています。
そうした場では聞き役に回り、意見を言わないなどの消極的な態度は評価されないので、普段から何にでも興味・関心をもち、自分なりの考えをしっかり持っておく、もしくはしっかり言えるようにしておく、そんな習慣が身に付いてきたと感じます。
 
Yukirie
ユキリエは国籍・年齢・学歴/職歴などのバックグラウンドが様々だからこそかなりフラットですよね。いろいろな角度からの意見に私も刺激されます。

わたしの今と未来の原点は学生時代の経験。
ユキリエで働くおもしろさは、「点」と「点」をつなげていくこと。

 
Yukirie
現在、契約管理のお仕事をされていますが、学生時代に取り組んでいたことで業務に通じるものはありますか。
M.Tさん
学生時代に所属していたサークルの会計担当としての仕事ですね。
当時決算・予算案の作成などをしていたのですが、現在の契約書の内容確認や請求書の作成と似ている部分あります。
M.Tさん
契約書の締め切りはいつなのか、逆算して今何をやらなければならないのか、自分のストーリーをもって仕事をすすめられる点です。
 
Yukirie
なるほど。
学生時代の経験を仕事に活かせるって、素晴らしいことですよね。
M.Tさん
はい。特に、できることが増えていくことに契約管理のおもしろみを感じます。
一つひとつの業務が「ここで繋がっているんだ」という気づきを得られた時、自分なりの解釈や工夫ができます。
そのために今は契約の内容をしっかり理解できるようになりたい です。
 
Yukirie
ユキリエに入社を決めたきっかけは、その会計担当としての経験を活かしたいということですか?
M.Tさん
それもありますが、入社を決めた最大の決め手は、ユキリエの取り組みが学生時代の研究テーマとマッチしている点にあります。
学んだことがユキリエの事業に直結しているので、「私にはユキリエしかない」という思いでした。(笑)
 
Yukirie
(笑)
どんなことを研究されていたんですか?
M.Tさん
「ワーキングプア」についてです。日本人女性の就業率は高いのに、非正規雇用(パート・アルバイト・契約社員など)の割合がとても高く、雇用が不安定である故に生活の自立が難しいケースがあります。
仕事も家庭もがんばる女性をユキリエで後押ししていきたいと思い、入社を決めました。
 
Yukirie
ここでも、学生時代の経験がお仕事につながっているということですね!(笑)
M.Tさん
おっしゃる通りです!
自分の得意分野を突き詰めながら、女性が自分らしく働ける社会の実現に貢献していけたらと思います。
 
Yukirie
携わっていることやバックグラウンドは様々で、同じゴールを目指していく、組織の理想の在り方ですよね。
中でも、学生時代の学びを社会で活かせていることは素晴らしいことですね。キャリアってそんな風に「点」と「点」をつないでいくことなんだ、と改めて気づかされました。
今日はありがとうございました!